愛知国際展示場(愛知スカイエキスポ)ライブの見え方とキャパを画像で検証

kep1er 愛知国際展示場 愛知スカイエキスポ 見え方 ライブ 座席

Warning: Undefined array key "file" in /home/xs935823/alwaysbeyourself-xoxo.com/public_html/wp-includes/media.php on line 1723

愛知県国際展示場は、2019年8月に中部国際空港(セントレア)島内に作られた、世界基準に対応した日本初の常設保税展示場です。(保税展示場・・・関税を課さずに使用ができるため海外の方が使用しやすい会場のこと)

そういった場所のためアーティストのライブも開催されてはいますが、元々がイベント用の会場の作りということもありライブ観戦した人から「見えにくい」という声が多数寄せられているのも現状です。

この会場でライブを楽しむためにも事前にどれくらいの見え方なのかを検証していきます。

過去に Kep1erもライブをして大盛り上がりでした!

目次

愛知国際展示場(愛知スカイエキスポ)ホールA について

愛知国際展示場の見え方をご紹介する前に、愛知国際展示場の会場の特徴について説明しておきます。

この会場は名称の通り「展示場」として作られた場所のためフルフラット会場です。

フルフラット会場とは、簡単にいうと段差がない会場のため一律に椅子を並べた状況のことです。

会場の使い方は主催者側によるため、センターステージになるのか、円形になるのか、または花道の有無などライブによって異なります。また、観客席はパイプ椅子が用意されます。

これまで行われたライブを参考にご紹介していきます!

※スタンド席とアリーナ席の違い

スタンド席は、下から座席として用意されている固定の場所です。球場や体育館で言う「観戦席」のことです。

アリーナ席は、会場の中央・ステージから見て正面になる席で段差がなくフルフラットエリアです。通常スタジアムや球場などの大きな広い会場では、列やブロックを作りライブ用に座席が即席・特設されることが多いです。

愛知国際展示場(スカイエキスポ)ホールA ライブの見え方はどんな感じ?

フルフラットという会場の作りを踏まえて、ライブがどう見えるのかを画像とともにご紹介していきます。

https://twitter.com/dela_nbgf/status/1178330331490861056?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1178330331490861056%7Ctwgr%5E97427f4c62a2c7e61ec37669f5b24d010c6d3a7e%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2Fdela_nbgf2Fstatus2F1178330331490861056widget%3DTweet

展示場なだけあって座席はパイプ椅子なのですが、天井からはマイクもかなりセットされているので音響も良さそう!

写真で見てもステージと近いのが感じられますね!
この距離感でのライブはかなり貴重!!!

ステージから座席の見た目。
花道もあるのは嬉しい!!

ジェジュンのTwitter^^
ファンが埋まると圧巻ですが、一人一人の顔がわかるというのはそれだけ近い証拠!
※座席表はこちらでご紹介しています。

座席がないとかなり広い!!
キャパ6,000人を実感します。ただ、列が乱れるためその分見にくくなることは否めなさそうです。

愛知スカイエキスポ ホールAの座席

ここでは、過去に愛知スカイエキスポでライブをしたアーティストの座席表をご紹介していきます。

サカナクションライブの座席表

場所によっては前列が少ないので死角なしで楽しめそう!

フルフラット(アリーナ席)だとかなりの近距離!
ライブの醍醐味を味わえそう。

B’zのライブ座席表

https://twitter.com/TAKATAK0503/status/1553332239856910336?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1553332239856910336%7Ctwgr%5E725c10f6189ed2649d57247b319000cd700c5cd4%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2FTAKATAK05032Fstatus2F1553332239856910336widget%3DTweet

B’zは珍しい座席の配列で斜めだったようです。

B’zはバンドの方たちのスペースが必要と考えても、パフォーマンス自体ダンスがないためステージの広さはK-POPアイドルよりは狭くても良いため、この構成が可能だったのではないかと推測しました。

B’zは斜めの構成だったようです!

INIライブの座席表

ブロック縦15列、横12列。縦15列が多くて4ブロック。
一番後ろ(E列)だと自分の前に60人ちょっと。
背が高ければ前の人がネックになることはなさそう。

距離的に遠い方が気になりそうですが、スタンドに比べたらアリーナなので体感はフェス!(距離感が近い)という口コミが多かったです。

INIの座席はAのエリアはかなり近い!ペンミレベルですね。

ラルクライブの座席表

ラルクはセンターステージ&花道ありだったようです。
このステージの作りだと分散されるので距離が近くなり、また死角がなく見えやすそう。

ジェジュンのライブ座席表

ピンクエリアはかなり見えやすそうですが、ど真ん中に入ると身長が低い人だと見えにくかったという声もありました。

パイプ椅子が並べられた会場。
ライブでパイプ椅子の経験がないのでこれにはびっくり!
でも、逆にいうとメンバーとの距離が近いというのは間違いなさそう。

Kep1erのライブ

Kep1erの座席表です。

え?この近さやば!このファンサ(ファンサービス)すっご!!!

肉眼で見えにくい時に備えて!双眼鏡は必須です!!

愛知国際展示場のキャパ ホールA

愛知国際展示場 愛知スカイエキスポ 開場 ホールA

愛知国際展示場(愛知スカイエキスポ)ホールAのキャパ

愛知国際展示場(愛知スカイエキスポ)ホールAのキャパは収容人数は約6,500人

無柱空間のためライブを開催しても視界を遮ることがないのが特徴。

収容人数約6,500人
サイズ100×100mの正方形 (各ホール10,000m²の広さ)
天井高20m

トイレはかなり沢山あった(画像を参照)という声もありましたが、女性が多いライブだと(化粧直し大事♡)早めに行っておいた方が良いですね!

まとめ

愛知国際展示場は見にくい!という否定的意見も少なくない会場のため本記事でまとめてみました。

結論、座席の配置によっては見えにくくなる場所も出そうですが、あまり心配しなくても楽しめそうだというのが感想です。

距離的に遠い場合に備えて「双眼鏡」は持参することを忘れないで!ペンラくらい大事!!

それでは、ライブ、是非楽しんできてください!

K-POPオタクに人気の双眼鏡です♡

ライブ系の記事はこちらもおすすめ!

kep1er 愛知国際展示場 愛知スカイエキスポ 見え方 ライブ 座席

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

韓国大好き♡情報発信ブログ
このブログでは、K-POP(特にZEEROBASEONE)・ドラマ・映画などの韓国情報をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次